子どもを蝕む「車コーティング脳」の恐怖
ホーム > 社会保険 > 妻の年金、繰上げ受給は損?

妻の年金、繰上げ受給は損?

女性の視点から見て、「繰上げ受給」はどうなのでしょう?

繰上げ受給は、早く受け取れるものの、年金額は一生涯減額されてしまいます。

ある試算によれば、70歳の時点の総受取額は、60歳から繰上げ受給した場合が一番多くなるようですが、これが女性の平均寿命に近い85歳まで受け取り続けるとなると、65歳からの「通常受け取り」が最も受取額が多くなり、60歳から繰り上げた場合と比べて200万近くの差が出てしまいます。

ですから、長く生きれば生きるほど繰上げ受給は損になるのです。

 

 

社会保険の新規加入手続きの代行はこちらへ

 

 

また、繰上げ受給することで受け取れなくなるものもあります。

最も注意が必要なのが、遺族年金との関係です。

65歳までの間は遺族厚生年金と繰り上げた老齢基礎年金の両方を同時に受給することはできませんから、どちらか一方の選択になりますが、ほとんどの人が「遺族厚生年金」>「繰上げた老齢基礎年金」となるのです。65歳以後は、遺族厚生年金と老齢基礎年金は両方受給できますが、この場合の老齢基礎年金は、繰上げにより減額された老齢基礎年金です。

他にも、、繰上げ受給してしまうと障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることができなくなってしまいます。

やはり繰上げ受給はあまりお勧めできないようですね。